美容に大切なのは睡眠の質です

subpage01

ぐっすり寝ているつもりなのに肌荒れなど肌トラブルが起きることがあります。
熟睡できない場合、肌荒れしたり化粧のりが悪いと感じることがあります。

これは熟睡できないことで体の免疫力などが回復していない状態なので、睡眠は美容に影響していることがわかります。


肌は寝ている間に肌の奥で生まれた細胞が少しずつ上に押し上げられ、約4週間で上まで押し上げられて、役目が終わると剥がれて落ちて行きます。これは肌のターンオーバーとして知られていることで、ターンオーバーに影響を与えているのは成長ホルモンです。

目を大きくする方法簡単の詳細はこちらで簡単に調べられます。

成長ホルモンは寝ている間に分泌されるもので、睡眠中に肌のターンオーバーが起こっており、肌は生まれ変わります。



そのため、熟睡できないと肌の調子が悪くなったり、ホルモンバランスが崩れる要因にもなり女性ホルモンの分泌量が減ることで肌が乾燥したりハリがなくなるのです。
また成長ホルモンが減ってしまうことで肌のターンオーバーが遅れ、メラニンが蓄積しシワやしみなどができてしまいます。

快適な暮らしを実現するためのM3Q情報探しならこちらをご確認下さい。

美容に欠かせない肌のターンオーバーは成長ホルモンが影響していますが、成長ホルモンは睡眠している間にずっと分泌されるものではなく、ノンレムの深い睡眠の時に多く分泌されます。
この深い睡眠は眠りについてから約3時間後くらいなので、この時間に深く眠っていることが美肌を保つことになるのです。
肌のゴールデンタイムと言われる夜22時から翌2時までに肌のターンオーバーが活発になると言われていますが、この時間に寝ることが難しい場合が殆どなので、そんな場合は寝てから約3時間は熟睡するように寝る前は間接照明したり、ぬるめのお湯にゆっくり入るなどリラックスすることも美容のためには必要なことなのです。